« ハイサイ!沖縄!その2 | トップページ | 木のおもちゃワークショップ »

2005年7月14日 (木)

海からの贈り物 海藻糊 その1

レインファーム初夏2号でもとりあげましたが、漆喰の重要な要素である
海藻糊を作る現場を訪ねました。
千葉鴨川の少し北に上がったところに、断崖の海岸が広がるこの海岸の近く、
明治から続く海藻糊の問屋さんはありました。

日本の漆喰には欠かせない、糊料である海藻は、大葉つのまたなどの
海藻類で、良質のものは現在青森や北海道産が中心だそうですが、
昔(といってもほんの昭和の2,30年頃)はこの近くの浜でも
抱え切れないほどの海藻が収穫されていたそうです。
当時の海女さんたちが大勢で漁にでて、合間に焚き火に当っている姿を
写した写真を見せてもらいました。
手縫いの水泳パンツ一丁で、真冬の海に潜っていくその姿!
たくましく、とても生き生きとしていました。

ここに集まった三陸のつのまたは、昔どおりのやり方で蒸されて粉にされ、
「粉つのまた」という左官材料として出荷されていきます。
明治からの作業場では、レンガで組んだ蒸しがまや、水桶などが現役でした。

私達も使っている貝灰しっくいの原料である貝殻についても
いろいろな話を聞かせてくれました。
江戸時代などはアサリがよく取れたので、アサリを、現在は赤貝を
原料にしているけれど、他の牡蠣やホタテでは、同じようには壁として
固まらないのだそうです。
貝灰しっくいを作っている人も言っていますが、貝ガラにもその種類によって、
しっくいに使えるものとそうでないものがあるそうです。
ホタテのパウダー左官材もはやっているようですが、
これはそれだけでは固まらないのだそうです。
接着成分を別に添加しなくては、成り立たないのは、珪藻土と同じのようです。

P1010093
P1010099
P1010102
P1010100

|

« ハイサイ!沖縄!その2 | トップページ | 木のおもちゃワークショップ »

ケンチクと環境」カテゴリの記事

コメント

なかなか興味深いお話ですね。すごく勉強になりました。
また読ませてください。

投稿: 渓流まにあ | 2005年7月23日 (土) 02:15

面白かったよ また、ちょくちょく寄らせてもらいますね~~

投稿: 豊吉 | 2005年7月30日 (土) 23:42

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海からの贈り物 海藻糊 その1:

« ハイサイ!沖縄!その2 | トップページ | 木のおもちゃワークショップ »