« 木のおもちゃワークショップ | トップページ | 電磁波を感じませんか? »

2006年3月 2日 (木)

泥壁塗りワークショップ

P1010133
11月少し肌寒い晩秋。幸い天気には恵まれ、晴れました。
今日は店の近所のお宅がワークショップ会場です。
ブロック塀に竹の小舞を掻いて、泥とわら、砂、今回は漆喰も少し混ぜていきます。
思いのほかずっしりと重いクワの感覚に、学生さんも息があがります。
はじめのうち、汚れるのを嫌がっていたのに、泥の団子をつくって壁になすりつけ始めると
取り付かれたように(?)泥のとび跳ねも気にしなくなりました。
人の遺伝子が呼び醒まされるとこうなるんでしょうか。
おかげさまで予定通り、夕方には土かべ完成。
あー、腰が痛い。でも心は軽い。
世代を超えて一つのことに夢中になる、家づくりも、味噌づくりもおんなじこと。
今はみんなばらばらに時間に追われているけれど、本当はこれが人の暮す姿。
そんなことを思いました。
最近読んだ本でお坊さんがお経を読むのは、内容を理解すること以上に意味を考えず
ひたすら出している音に意識を集めている状態をつくるのが本来の目的だ、と書いていました。
そうすると脳にセロトニンという神経伝達物質がよく出てきて、体と心のバランスを整える
ことが訓練されるそうです。ということは、何も考えず、土をこねるという作業そのものは
座禅や読経に近い状態に脳を置くことになるのでは・・・。だから心が軽くなるのかしら。
などと果てしなく想像が膨らむのでした。

|

« 木のおもちゃワークショップ | トップページ | 電磁波を感じませんか? »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83688/8908047

この記事へのトラックバック一覧です: 泥壁塗りワークショップ:

« 木のおもちゃワークショップ | トップページ | 電磁波を感じませんか? »