« ジャスミン満開です | トップページ | 化学物質過敏症が病名として認められました »

2009年6月 9日 (火)

住み慣れた家の思い出を残して

Endo_063

以前ブログでお伝えした、建替えのために解体した古い家の松丸太の梁。
新しい家の吹抜けに納まりました。
新しいのに、懐かしい、そんな感じがします。

2階から吹抜けを見下ろすと、古い梁のノミで刻まれた穴が見えます。
この頃はまだ電動工具もなくて、
すべての仕事が人の力だけ。
どんな大工さんがノミを握っていたんだろう。
そんなことを思うと、その松の梁がとてもいとおしくなります。

もうすぐ完成です。もうお別れなんて、寂しいなあ。


|

« ジャスミン満開です | トップページ | 化学物質過敏症が病名として認められました »

ケンチクと環境」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。