« 小菅村のマコモ | トップページ | 東京の和紙 »

2010年8月24日 (火)

化学物質過敏症のブックレット、出版!

昨年10月に開かれた、「化学物質過敏症国際市民セミナー」の内容を収録した
ブックレットがいよいよ出版されます。

セミナーは、日本、アメリカ、ドイツで20年以上前から
患者の治療や、検査、病気のメカニズムなどを研究し、
実践してきた専門家の話を直接聞くことができる貴重な機会でしたが、
同時通訳の関係上、200名という制約があったことや、
会場に来ることができない患者さんが大勢いることもあり、
出版物にして多くの人と共有しようという話を実行委員会でしてきました。

委員みんなで分担して英語と日本語の同時通訳をテープ起こしする作業をしたり、
専門的な内容についての表現方法をどうするか話し合ったり、
やってみると、思っていた以上に難しい問題が数々ありました。

このブックレットは前半がセミナーの内容を収録したもの、
後半は実際に日本で裁判になった化学物質被害の事例集です。

何も知らずに被害に遭ってしまった人が、
まずどんな病気なのかを知る→周囲へ理解してもらう→争いになった場合どうすればよいか
といった、具体的なアクションを起こすときのツールとして活用してもらえたらと思います。

このブックレットを購入されたい方は、下記にお問い合わせください。
NPOダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議 http://www.kokumin-kaigi.org

Csseminor_2


|

« 小菅村のマコモ | トップページ | 東京の和紙 »

ケンチクと環境」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。