« 小菅村 お散歩イベント参加しました。 | トップページ | レインファームがCMに登場 »

2010年9月27日 (月)

アロマショップと香らない香り

9月17日にレインファームの2階にオープンしたアロマのお店ヴィ・アローム国立さん。
さまざまなアロマオイルが並び、見ているだけで癒されるような気分です。
アロマのお話を店主の大石さんに伺うと、香りの成分がどれほど人の体やこころに影響を与えているか、
興味がつきません。

思い出したのですが、香らないけれど、鼻で察知しているもの、ご存知でしょうか。
鼻の器官であるヤコブソン器官という小さな2つの穴。
昔は盲腸のように、無用なものとして考えられてきたのですが、
人が結婚相手を決めるために欠かせない器官だそうです。
というのも、この穴、相手が発するフェロモンを嗅ぎわける器官で、
自分でも気がつかないうちに、自分に合った伴侶を嗅ぎ分けている、というのです。
このことはにおいに敏感な化学物質過敏症の方のことを理解したくて読んだ本のなかに
書かれていました。おもしろいですよね。

最近は清潔志向が行き過ぎていて、フェロモンを自ら消してしまっているのでは・・・?
そうするとヤコブソン器官で相手を見つけることが難しいかもしれませんね。

ちなみにシャンプーや化粧品、整髪料などに使われている「香料」
これは、ほとんどが石油などを原料とした人工香料。
これらのにおいが人の脳にどういう影響を及ぼすのか、アロマの効果を考えると
ちょっと怖くなります。

|

« 小菅村 お散歩イベント参加しました。 | トップページ | レインファームがCMに登場 »

ケンチクと環境」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。