« 鍋の取っ手 | トップページ | 国立市内で大震災チャリティーライブ  »

2011年3月15日 (火)

福島原発と放射能

今回の福島原発事故について、マスメディアではよくわからない表現が多いですね。
みのもんださんが「これを教訓にして今後はより安全な原発をつくるべき」といった発言をしているくらいですから、
空恐ろしいことです。テレビ局の大事なスポンサーである東京電力を意識しているのでしょうか。

いろんな情報が出ていますが、長年原子力発電について発信している「NPO原子力資料情報室」(CNIC)のHPで公開されている内容は、原子炉を設計していた人の話であるため、あいまいさがなくて、かつ扇動的ではなく冷静と私は感じます。
もし、きちんと知りたいと思う方にはおすすめします。

住宅の設計をしていて電磁波過敏症の方たちと関わり、電磁波の人体影響を避けたいこととともに、
さらに危険な原発の上に成り立っている電気をなるべく使わないようにできるだけシンプルな設備を
提案してきました。
「そちらはオール電化はやっていますか?」と聞かれることもしばしばありましたが、
原発の話をすると、どの人もほとんど真剣に考えたことがないようでした。

ここ数年、二酸化炭素だけをピックアップして、「オール電化がエコロジーだ」という間違った流れを作ってきた多くのハウスメーカーや家電メーカー、東京電力そのものに憤りを感じてきましたが、こうして原発のリスクが現実となったことは、日本にとっても世界にとっても方向転換をする機会をあたえられたのではないか と感じます。

これを契機に原発から自然エネルギーへ大きくシフトしていくことを願います。
家を作るときも電気を消費することのできるだけ少ない方法や人力でできるメンテナンスなどを考えて
設計することが大切だとあらためて痛感しています。

(あきこ)

|

« 鍋の取っ手 | トップページ | 国立市内で大震災チャリティーライブ  »

東日本大震災と原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鍋の取っ手 | トップページ | 国立市内で大震災チャリティーライブ  »