« 実のなる花 | トップページ | パプアニューギニアの森 »

2011年5月19日 (木)

お尻は洗ったほうがいい?

先日テレビで有名な女優さんが
「いまどきウォシュ○ット使わないなんて、不潔よ~」
と、若手のアイドルを非常識人呼ばわりしていいました。

日本臨床環境医学会の昨年からの論文ですと、

排泄後、肛門を洗わずに拭いて乾燥させたときは大腸菌群は検出されなかったが、
温水洗浄便座で肛門を洗った後は、大腸菌群が検出された。
洗浄したときのしぶきが菌を肛門前方へ広げたものと考えられる。

また、一晩使わなかった温水洗浄水には、細菌が多く検出され、
頻繁に使っていると、水の中の細菌は減ってくることがわかった。

という内容が発表されています。

ある施主さんのご家族で、衛生検査の専門家の女性は、
「うちはウォシュ○ット、いりません。あれはよくないですよ。
たまには新聞紙で拭くくらいがちょうどいいんですよ~、あっはっはー」
と明るくおっしゃっていました。

私はもともと「不要派」なのですが、最近「必要派」が大多数となっていて、
なかなか説得力のあるお話しができずに、モヤモヤしていました。

そもそもお尻を水で洗うこと自体は、イスラム圏のみなさんがしてきたように
悪いことではないと思うのですが、シャワー式であることに問題ありと思います。
イスラム式にバケツの水を左手ですくって洗うくらいのことをすれば、
きっとほんとにきれいになるのかもしれません。
それをやると、床が水浸しになりますが・・・。

今回の震災で節電が大きな課題となっていますが、
ちなみに温水洗浄便座が家庭の電気利用量全体の約4%だそうです。


(アキコ)

|

« 実のなる花 | トップページ | パプアニューギニアの森 »

ケンチクと環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実のなる花 | トップページ | パプアニューギニアの森 »