« 映画「100,000年後の安全」観ました。 | トップページ | 農家の人の言葉 »

2011年5月28日 (土)

でも、デモに参加してみました。

Rimg0651


Rimg0656


Rimg0659


5月27日の夜、原発反対のデモに参加してきました。

いいことにつけ、悪いことにつけ、
お祭り騒ぎ的なことはあまり好きなほうではないのですが、
好き嫌いは別として、自分の考えをはっきりさせる、というのは大事だと思い、
見学がてら参加した次第です。

日比谷野外音楽堂に集まり、社民党の福島さんをはじめ、
いろいろなヒトの講演を1時間ばかり聴きました。

それから2時間ばかり、「原発はんたーい!、原発なんてー、いらないぞー!」
「命が大事!」などと叫びながら、東電本社の前を通り、
銀座の中心部を歩きました。

途中、通行人が文句をつけてきたりしましたが、
警察の方々が優しい言葉で通行人をたしなめたり、
優しい言葉で僕らを威嚇したりしていました。

震災以前は原発反対デモには10人そこそこしか集まらなかったそうです。
今回は、1000人近いヒトが集まったそうです。

10人でデモを続けてきた人たちには、頭が下がる思いです。
しかしながら、1000人という数は非常に少なく、
野外音楽堂が満員にはならない人数でした。

政治とは数の理論で動くそうなので、「一人くらいいいや」とは思わずに
過半数の人が「原発、いりません」と言うと、
政治家も、実はたくさんいるはずの心ある官僚達も
安心して、原発反対の方向に舵を切れるのではないか、と思いました。

ただ、参加して感じたことは、ちょっと参加するだけでも
思った以上にエネルギーが必要だった、ということです。
仕事や日常生活など、いろいろなことがあって、参加できない人も多いと思います。
デモだけでなくとも、ひとりひとりが意思表示をはっきりすることで
世の中が変るんだ、という事実を体験してみたいですね。

ちなみに、デモ行進がとても静かに、整然と行われたので、
写真で臨場感を出してみました。(手ぶれです)

カーペンターズの曲を思い出しながら、見てください。

(イトウタカシ&アキコ)

|

« 映画「100,000年後の安全」観ました。 | トップページ | 農家の人の言葉 »

東日本大震災と原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「100,000年後の安全」観ました。 | トップページ | 農家の人の言葉 »