« でも、デモに参加してみました。 | トップページ | 知らない猫が来た »

2011年6月10日 (金)

農家の人の言葉

先週末、たべ研の総会に参加しました。
たべ研というのは、「三多摩たべもの研究会」のこと。
かれこれ35年前に多摩の消費者達が安全な無農薬有機野菜を
近郊の農家さんから共同購入し始めた、草分けのグループです。

私の師匠が、その草分けの木村さん・志方さんのおうちを
大がかりに増改築したことがご縁で、知り合って以来、
おいしい野菜や食品をいただいています。

今回の震災の影響は近郊の八王子の農家さん達にも大きな影を落としているそうです。

まず、放射性物質を測定しないと、安全かどうか判断できないこと、
とりわけ有機肥料として雑木林の落ち葉を大量に土にすきこんでいるので、
その落ち葉に放射性物質がついていたら、濃度が増してしまうのではないか、
と心配していました。
「放射能の濃度を上げるくらいなら、いっそ有機栽培はやめにして、
放射能の心配のない、化学肥料のほうが、安全かもしれない」
農家さんの言葉に、どうにもならない葛藤を感じ、とても悲しい思いがしました。

でも、ちゃんと有機で育った野菜には、ヒトの免疫力を高める力がある、という話が、
アメリカの化学物質過敏症治療医の草分けであるRea医師の本に書かれていました。

私たちはもう、放射能を全く浴びていない食べ物だけを食べ続けることは難しくなっています。
幼い子供たちには、できるだけ放射能汚染のないものが必要と思いますが、
大人たちは、免疫力をアップする有機の食べ物を積極的に摂ることで、汚染の中を
生き抜く覚悟が必要なのかもしれない・・・そんなことを考えました。

明日はくにたちの大学通りで2時から「原発どうする!たまウォーク」というデモが
行われるそうです。
放射能の汚染をこれ以上広げないためにも、1人1人が意思表示をすることが大事と思います。
途中からでも、ちょっとだけでもOKだそうなので、気軽に行きたいと思います。

(あきこ)

|

« でも、デモに参加してみました。 | トップページ | 知らない猫が来た »

東日本大震災と原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« でも、デモに参加してみました。 | トップページ | 知らない猫が来た »