« ダイサギの魚捕り | トップページ | 春が来たよ »

2012年2月27日 (月)

木の家の模型

Mokei_2


住宅模型です。
いつもはボード紙とかダンボール、粘土で作っていたのですが、
これは、骨組みを図面通りに組み合わる、木の模型です。

カッター類が苦手な私は、はじめビビリながらでしたが、
だんだん楽しくなって、時間を忘れてしまいました。

実際に図面で考えた木の組み方を、小さいながらも実際に「上棟」してみると、
考えたことに無理がないか、過剰なところはないか、等、1本1本チェックすることができました。

この模型、伝統的な日本の木組みの工法を、現代の法律に叶うカタチで、復活させようとしている
木組みゼミの勉強会で作らせてもらいました。
これまでもこれからも、私の仕事は素材の安全性と環境負荷、住む人の心身の健康がテーマなのですが、
このゼミで学んだ伝統工法は、自分の抱えてきた疑問に、答えやヒントを沢山与えてくれたと思います。
学ぶっていくつになってもいいですよね。

(あきこ)

|

« ダイサギの魚捕り | トップページ | 春が来たよ »

ケンチクと環境」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。