« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月28日 (水)

小出裕章さん飯能講演会行ってきました。

Koide


2012年3月24日、埼玉の飯能市民会館で開かれた
小出さんの講演会に行ってきました。

小出さんという人は京都大学の原子炉実験所にいて、
原子力の専門家でありながら、40年以上反原発を訴えてきた人です。

何冊か、彼の本は読んだのですが、講演を聴いてみたいと思っていました。


Koide2

講演前の会場のようす。
1000人以上の人が来て、満員でした。

講演の中で、
-原子力発電所は将来性のない技術であること、
-経済性から見ても、これほどコストの高い発電方法はないこと、
-放射性物質というのは、ごくごく微量であっても生命と共存はできないこと
-原子力発電所が今すぐストップしても、ピーク時においても電力はまかなえること
を、科学者の言葉で、わかりやすく説明していました。

小出さんの話で感じたことは、
経済に悪影響があるとか、日常生活が不便になるとか、そういうことがあったとしても、
原子力(核)エネルギーだけは、使ってはいけないものだということでした。

小出さんの言葉になぜ真実味を感じたのか、それは彼が
科学者として、わかることはわかる、わからないことはわからないとはっきり言うところだと思います。

例えば、「1ミリシーベルト以下だと安全ですか?」という質問に対しては、
「放射能には、しきい値がないので、どんなに微量でも安全とは言えません」とはっきり言います。

「西のほうへ避難したほうがいいでしょうか?」という質問には、
「私は答えることができません。避難するということは、コミュニティーや家族の崩壊につながることですので、
個人個人で判断してください。」と言います。

「今後のエネルギー政策をどうしていったらいいでしょうか」という質問には、
「それは私は関わりたくないです。私は今ある原発を止めることで一杯いっぱいです。
今後どうすべきかは、皆さんひとりひとりが考えてください。」と言います。

誰しも信頼出来る人をカリスマのようにして、「正解」を求めたくなりますが、
その行為は、結局自分自身では考えない、ということになります。
このことが、無責任や傍観を生むように感じました。
小出さんの言葉は、私たちに「傍観」してはいけないということを訴えているように感じました。

小出さんの話の根底には、「今の日本は、エネルギーを使いすぎている」
という想いがあるように感じます。
再生可能なエネルギーを増やして、今と同じ快適な生活を続けるのではなく、
今よりも少ないエネルギーで幸せに暮らす方法を見つけることが大切だと感じました。

(タカシ&アキコ)


| | コメント (0)

時計新作2

Clock2


Clock2up


壁掛け時計(シカの秒針)
クルミ材
10,000円

Nekoclock


Nekoclock_2


壁掛け時計(猫)
クルミ材
10,000円

| | コメント (0)

2012年3月17日 (土)

たまウォークに行ってきました。

たまウォークというのは、正式には「原発どうする!たまウォーク」といいます。
平たく言うと、多摩地域の人による原発反対のデモです。
今回で3回目です。

Tamawalk


第1回は2011年6月参加者700人
第2回は2011年9月参加者400人
そして今回2012年3月参加者170人と言っていました。

この先、原発はどうなる、どうする、たまウォーク??

(タカシ)

| | コメント (0)

古墳日和

ここ1年ばかり、二人で朝のウォーキングが日課です。
日野橋コースと、谷保天満宮コースが主です。
市報に、谷保天満宮のそばで、古墳の発掘調査が行われていることを知り、
探して見に行きました。

Yahokofun


顔見知りの学芸員さんがいたので、声をかけてみると「どうぞ中まで入ってください」と
言ってくれました。

間近で見ることが出来た上に、解説までしてもらいました。

この多摩川沿いに、いくつかの古墳群があり、これはそのうちの一つなのですが、
この石室の珍しいところは、切石を使っている点だそうです。
この辺りの古墳の多くは川原石を組んでいるそうです。
時代的には、6世紀位のものだそうで、わかりやすく言うと、ちょうど聖徳太子が活躍した時代、
大化の改新という言葉が飛び交っていた(?)ような時代だそうです。
(すごくざっくりですが)

Yahokofun_2


歴史的な年号など、細かいことはよくわからないのですが、
この切石のアップにはぐっときます。

多摩川の近くから切り出したものだそうで、比較的柔らかい石だそうです。
鉄ノミなのか、青銅器なのか、または木製の道具なのかはわかりませんが、
切り出した跡がリアルに残っているところが、なんとも心惹かれるところであります。

とても満足したのですが、ふと思い出したことがあります。
ここから甲州街道沿いを東に30分ほど歩いたところに、
熊野神社があります。
そこで、古墳の復元工事が行われていて、もうそろそろ出来上がっているのではないか、
と思い出しました。
天気も良かったので、行ってみることにしました。

Kumanokofun


正式名称「武蔵府中熊野神社古墳」

ここには立派な資料館もあり、石室も再現されています。
中に入ってみると、「3人目の客だ」と言われました。
今日3人目かと思ったら、今日オープンだったそうです。(笑)
ここの古墳もやはり7世紀ごろのものだそうです。
規模は先ほどの谷保天満宮の古墳よりもさらに大きく、
日本最大・最古の上円下方墳なのだそうです。

面白いのは、川原石で表面を葺いているのですが、
その中は、土を何層にも突き固めた「版築」という技法で立体を作っていることです。
「版築」は伝統的な土木建築の技法で、有名どころでは、奈良の法隆寺の塀などは
この方法で作られています。

詳しい出土品・歴史データについては、検索すると出てくるようなので、調べてみてください。

今日一日、古墳を2つ見ることになりました。
そこで感じたことは、
Kumanokofun_2


この写真に尽きます。

7世紀の古墳の前に、1300年前に作られた熊野神社が立っていて、
さらに江戸時代に作られた鳥居があるのです。
この時空を超越した感覚に、めまいを感じるほどのシュールさです。
この古墳の遺跡のしたには、縄文の遺跡が出てくるのではないか、と想像が広がります。
この場所が時代を超えて、神聖な場で有り続けたことに、驚きます。

谷保の古墳の石室も、熊野神社古墳の石室も、
大きく破損していないことを考えると、地震が多いこの昨今、ある程度の安全を担保されている地域と
考えられるかもしれません。

それはさておき、身近なところにイマジネーションを掻き立てるものが、沢山あるこの地域が大好きです。

(タカシ&アキコ)

| | コメント (0)

2012年3月15日 (木)

原発いらない!3.11福島県民大集会

東日本大震災から1年たった3月11日、
国立市の有志の人たちがバスをチャーターして、
福島県民大集会に参加するということで、加えてもらいました。

Rimg1292


東北自動車道を北上し、郡山インターに近づくにつれ、
関東から参加するバスも続々と見受けられました。
参加者の中には、簡易な放射能測定器を持ってきている人が数人いて
5つの線量計を並べてみたところ、たしかに数値は上がっているのですが、
5つの線量計はバラバラの数値を示していました。
数値の正確さよりも、個々の測定器の上がり下がりで見当を付ける程度のもののようです。

Rimg1295


会場である郡山市内の開成山野球場に到着しました。
1万6千人の人たちが、北海道から沖縄まで県内外から集まっていました。

加藤登紀子さんのミニライブに続いて、大江健三郎さんのスピーチ、
県内の農家、漁師、主婦、高校生の話が続きました。
どの話も心に迫るものがあり、固唾を呑んで聞き入ってしまいました。

その中で、大江健三郎さんが語っていた話が印象的でした。
ドイツでは、政府が科学・経済・倫理の専門家委員会に検討を依頼して、
その結果、科学や経済よりも倫理委員会の意見をもっとも重視した結果、
原子力発電を止めるという決断ができたのだそうです。

だから、私たち日本人も、子孫達に対して、政治的責任や経済的責任を果たすことよりも、
倫理的責任を果たすことが重要なのではないか、という彼の意見に、
会場では賛成の拍手が起こりました。
全くそのとおりだと思いました。

文筆家である大江健三郎さんの「人前で話すことはそれほど得意ではないのです」という朴訥な
語り方がとても印象的でした。

Ken

最後に「原発はいらない」という集会宣言が読まれました。

その後、短い距離でしたが、デモをしました。
途中、公園などの芝が剥がされ、ロープが張られていて、
「除染済み」とか「除染中」といった表示があちこちに見られたり、
古いビルに大きな亀裂が入ったまま立ち入り禁止になっていたりする様子を
目の当たりにしながら、帰路につきました。

今回の集会は、全国からの福島県民の皆さんへ寄り添う気持ちを表すものと
思って参加してみたのですが、少し違和感を感じました。

というのは、到着した場所の目の前の学校の校庭で、何の防護もせずに野球部の少年たちが練習をしていました。バスから出た人たちが持ってきたマスクをし始めました。
「あなたたちはマスクをしないの?」とか
「自分達がマスクをすることで、郡山の人たちがいかに危険な汚染のなかにいるかということを
しってもらうためでもあるのよ」とか言われました。

私たちもマスクは持参していて、「もしかしたら被曝してしまうのかな」とも思いましたが、
そのときにはどうにもマスクをする気持ちになれなかったです。

それはなぜかなあと考えてみたのですが、郡山の人たちに寄り添うということを短絡的に考えたわけでもなく、
放射能の怖さを過小評価しているわけでもないのです。

ただ、勝手な想像ですが、郡山の人たちは、放射能の汚染が身の回りに来ていることを
おそらくだれよりも知っていて、知っていながら、ここで暮らさなくてはならないという、
どうにも解決のない状況に置かれているのではないかと思います。

もしそうであれば、その解決策も持たずに東京から来た私たちがマスクをして見せることは、
郡山で暮らす人たちにただ不安だけを残して立ち去ることになるのではないか、と
感じたのかもしれません。自分でもはっきりと言葉にすることはできないのですが。


マスクをするという1つの行為だけでも、自分の中で様々なネガティブな思考の断片が
渦巻いてしまって、処理できない状態になってしまいます。

集会宣言には、
「私たちの苦難は、このような社会的・経済的な被害から生まれるものばかりではありません。それよりもっと耐え難いのは、住民同士の間で生まれているさまざまな分断と対立です。」
と書かれていました。

原子力発電所の事故は放射能の恐怖もさることながら、
人と人との分断を生んでしまうところに、本当の怖さがあるような気がしました。

(タカシ&アキコ)

| | コメント (0)

2012年3月 8日 (木)

バイオマスター

最近はエネルギーの問題がいろいろと取りざたされているようです。
その中に「バイオマス」という言葉がよく出てくるのですが、
マスという響きから、浸透マス→浄化槽→便槽→糞尿などをイメージして、
家畜や人間などの糞尿を発酵し、取り出されるメタンガスなどのことに限られると思っていました。
ところが、バイオマスエネルギーとは、生態系から得られる自然エネルギーの総称だと言うことを知りました。

うちは数年前から薪ストーブを使っています。
薪もバイオマスエネルギーだということに気がつきました。

Photo_4


この時期、近所の公園などで、大規模な剪定作業が行われていて、
作業をしている庭やさんに声をかけて、薪を集めています。

今あつめた薪は、来シーズンか再来シーズンの薪になる予定です。

薪ストーブを使うことは、バイオマスエネルギーを使うことです。

遠くから運んでくるのではなく、薪という「商品」を手に入れるのでもなく、
近所の公園でゴミになるはずの木の枝を、気持ちばかりのお茶菓子と引き換えに
自力で集めている私達はさしずめ「バイオマスター」といっても過言ではないでしょう。(意味不明)

そのことを一緒に薪を運んでいる妻のあきこに言ったところ、無言でした。

それはさておき、来年再来年も暖かい冬を越せることは間違いないようです。

(イトウタカシ)

| | コメント (0)

秘伝!餃子の皮

最近はまっているモノ。
餃子の皮です。
かつて、ニラまんじゅうとか餃子とかの皮を作ってみたことがあるのですが、
何回かやってみて、いまいちの出来。
それ以来遠ざかっていたマイ「皮」ブーム、再到来のきっかけをくれたのは、
宇都宮在住の友人T夫婦手作りの餃子をごちそうになったことでした。

T夫婦直伝のレシピで、配合した皮の生地をこねます。
Photo


15分くらいしっかり捏ねてから、丸めて30分寝かします。
棒状に伸ばして2センチ角を目安に切り分けます。
右手で麺棒を前後に動かしながら、左手で生地をくるくると回して、丸く伸ばしたところ。
Photo_2


以前のやり方では、つい必要以上に熱湯を入れすぎて、生地が柔らかくなってしまい、
丸く伸ばした後に生地がダレてしまいましたが、
直伝レシピに忠実にすると、しっかりとした生地になりました。

Photo_3


水餃子、焼き餃子とも、T夫婦のつくる餃子には遠く及びませんが、
楽しく作って、美味しくいただきました。
沢山一度につくっても、冷凍できるので、助かります。

(アキコ)

| | コメント (0)

2012年3月 7日 (水)

30年振りの中学生

世の中、不思議なことが起こるものです。
学校というシステムが嫌いで、センセイというヒトが嫌いな僕が、
なんと中学のセンセイをやることになりました。

というのは大げさですが、地域の中学校で「ミニカルチャー」という課外授業の講師をすることになった
というお話です。

「ミニカルチャー」というのは、地域にいる特技をもったヒトが、
その特技を通じて、中学生と交流をする、というカリキュラムで、
中学生がセンセイ以外のオトナとのふれあいを通じて、
礼儀作法など勉強以外のことを学ぼうという試みだそうです。

ここ何年間か、町内会の人たちとの付き合いがあり、
その中の一人が、ボクのことを推薦したようです。

2時間ということで、木の枝を輪切りにして、そこに絵を描いてストラップにする、
という作業をしてもらうことにしました。

Cyuugaku_2


中学校に足を踏み入れるのは、実に30年振りのことです。
自分の中学生のときのことを考えると、「カッタリーナー」などと言う
ちょっとやんちゃな生徒や、「どっちでもいいよ」などというやる気のない生徒、
興味はあるだろうけれど、それを素直に表現できない生徒。
どうせろくなことにならないだろうと、想像していました。
写真で見る通り、木工の作業ということで、ほとんどが男子生徒でした。

ところが作業をしてみると、予想は大きく裏切られ、みんな真剣そのもの。
こんなことをやってもいいのか、あんなことはどうなんだろう、と
こちらが考えていなかったアイディアがゾロゾロでてきて、
とても嬉しくなってしまいました。

2時間のうち、20分くらいは片付けと掃除にあてようと、考えていたのですが、
みんなの熱意にほだされ、ぎりぎりまで作業をすることになりました。

みんな素直で真剣でびっくりでした。

作業の終わりにあまりに真剣な眼差しにほだされ、、
ついセンセイ気分になり、ちょっと説教めいたことを話してしまいました。
次の日、少し自己嫌悪に陥りました。

どちらにしろ、とても貴重な体験をさせてもらいました。ありがとう。

(イトウタカシ)

| | コメント (0)

春が来たよ

Ume_2


3月5日の朝、梅のつぼみがほころびはじめたことに気がつきました。
その日はどんどん気温が上がり、生暖かい春のような一日でした。
夕方頃、ふと梅の木を見ると、今年はじめての花が開いていました。
(タカシ)

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »