« きつね?たぬき? | トップページ | 谷保天満宮のお祭り »

2012年9月19日 (水)

カラダにいい賃貸マンション

化学物質過敏症のマンションオーナーさんからのご依頼で、
賃貸物件のリフォームをしています。

賃貸であっても、カラダや環境によい住まいにしたい、ということで、
無垢の床板や安全な紙の壁紙、接着剤、塗料と、
限られた予算でできるだけ頑張ってます!

合板フローリングを剥がそうとしたら、これがはがれない!
接着剤を必要以上に全面に塗ってあったから、大工さんも一苦労です。
下地の合板まで、はがれてデコボコに。トホホ。

それでも新しい合板を部屋に入れるよりはベターということで、
この合板をひっくり返して再利用しました。

P1010136
写真は、その合板の上に無垢の床板を取り付けるところです。

釘止めするのですが、凹凸の調整や床鳴りを防ぐために、
天然ゴムの接着剤を補助的に使いました。
普通に使われる接着剤は、頭が痛くなるような匂いですが、
これは、イカの燻製のような匂いです。(乾けば消えます)

この接着剤、木工用ボンドに慣れている大工さんにとっては、
難儀な代物。ちょっと愚痴り気味ですが、がんばって使ってくれています。

ちょっぴり不便だけれど、
大工さんにとっても、住む人にとっても安全ですよー。


あきこ

|

« きつね?たぬき? | トップページ | 谷保天満宮のお祭り »

ケンチクと環境」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。