« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月26日 (金)

リュウボク x トタン展

作品展のお知らせです。

Ryuboku

11/2(金)-18(日)の木、金、土、日
12:00-16:00

イトウタカシ木工房併設ギャラリーキプラスにて(地図こちら)
(お車での来場はご遠慮くださいませ)


今回は、写真家のイシワタフミアキさんとの2人展。
めまぐるしく変わっていく都会の景色の中に
ひっそりと時を刻んでいる、そんなトタンの風景を切り取ることを
ライフワークとしている「トタニスト」、イシワタさん。

木を思った通りのカタチにしていく、いつもの作品づくりとは違い、
「流木」という、自然の手によって作られたカタチから感じるまま、
コドモの心に帰って表現する木工のイトウ。

2人の作品を通じて、「時間の流れ」を感じることができたらと思います。


毎週日曜日には、焚き火の石焼き芋大会も予定していまーす!
秋の湧水散歩もできますよ。

(あきこ)



| | コメント (0)

2012年10月18日 (木)

ルイ・ヴィトンのバック

親戚が来る前に、整頓をしていたら、
大きな茶色の箱が出てきました。
私にとっては、とても大事なものが入っています。


20代のころ、「押しかけ女房」ならぬ、
「押しかけ丁稚」となった私は、千駄木の新築現場に通っていました。

現場は、わからないことだらけで、とにかく大工さんの作るものを
片っぱしから巻尺で測り、図面を書き起こし、
くっついて歩いては質問していました。

建物が完成して、施主さんに引き渡す当日、
施主の女性が、私に大きな箱に入ったものを差しだしました。
「建築家になるんだから、これくらいのものを持って歩きなさいよ」

開けてみると、ルイ・ヴィトンのビジネスバックでした。

施主さんが近所の人から、熱心な現場監督の女の子がいる、
と聞いたのだそうで、丁稚の私にこんなご褒美をくださったのでした。

もともとブランド物には全然頓着しない私でしたが、
施主さんの温かいお気持ちに、驚きと戸惑いと感謝で、
胸が一杯になったことを思いだします。


それ以来、このバックのおかげで、くじけそうな時(こんな私でもそんなことはあります!)でも、この仕事を続けてこれたのかな、と思います。

(あきこ)

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »