« リュウボク x トタン展終了しました。 | トップページ | 冬の準備(もう冬だけど) »

2012年11月26日 (月)

鬼瓦

瓦・造形展に行ってきました。

瓦には、いろんなパーツがありますが、特に鬼瓦には
鬼師と呼ばれ、専業の職人がいます。

若手の鬼師・富岡さんの作品も出品されていました。
121125_143113
「阿吽(あ・うん)」の「あ」です。後ろは「うん」。
もともと鬼瓦は、魔よけとして作られたものだと聞きました。

人の手で作られているとは思えないほどの完成度ですよね。
技のすごさに、ほれぼれ。

他にもこんな面白い作品も。
121125_142656_2 121125_142540
鬼師は、職人と芸術の世界を行ったり来たりする人なのだろうと思いました。

職人として、伝統的なものを正確に受け継ぐ「技術」は、
本当に素晴らしいです。

土壁にしても、瓦屋根にしても、先人が積み重ねてきたものを知らずに、
小手先だけをマネしても、次の時代に残るものにはならないのだろうと思います。

けれども、今は伝統的と思われている意匠ですら、
昔は「超革新的!」であったと思うと、
今もやはり常に「革新」であるべきだろうと思うのですが、
それは浅はかな考えなのでしょうか・・・。


(アキコ)


|

« リュウボク x トタン展終了しました。 | トップページ | 冬の準備(もう冬だけど) »

旅・散歩」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。