« 2013年7月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年8月22日 (木)

夏休み工作教室

友人のYさんの二人の子ども(小3と小6)が
恒例の夏休みの工作をしにきました。

1


写真にはたくさんの人が写っていますねー。
というのも、偶然遊びに来たいよという2家族が
同じ日に重なったんですね。

2


一番年長のYさんところのU君、ギャラリーに囲まれ
恥ずかしいような、うれしいような・・・。


3_2


大人5人、子供6人のお昼ご飯になりました。

4_2


完成しました!

左から「手動式扇風機」

「王様」(?)のお面

「トライアル自転車」(らしい)

三者三様の個性に、感心。

うちの周りは川あり、池あり、猫あり、虫あり
子供が喜ぶものがあまりにも多いので、
最後まで集中力が続くか心配でしたが、
年相応以上の集中力を発揮。
みんな完成させることが出来ました。

不思議に盛り上がった夏の一日でした。

| | コメント (0)

宝石も数が多いとただの石

Kawasemi


今年の夏は、カワセミが多い。
うちの裏には池があります。
カワセミが来るように、止まり木を作ってあります。
カワセミが来ました。
もう一羽来ました。
さらにもう一羽来ました。
3羽のカワセミ。

「清流の宝石」と言われるカワセミ。
最近は都市部の川にも進出してきて、
あまり珍しいものではなくなったようです。

都市部にたくさんいたはずの雀という鳥。
最近は激減しているらしい。

清流の宝石も数が増えるとただの石。
雀も数が減ると、茶色い宝石と呼ばれるのだろうか。
そんな日も近い、かもしれません。(笑)

| | コメント (0)

2013年8月12日 (月)

グラウンドカバープランツ

Iwadare

ウチの玄関先のグラウンドカバープランツです。
ヒメイワダレソウの一種で、踏めば踏むほどよく育つという
たくましい草です。

踏まれると芝などは傷んでしまいますし、
他の雑草だと背が高くなってしまうのですが、
これは踏むと葉っぱがどんどん矮小化されて、密度が増してきます。

Iwadareup


そうすると他の植物が生えにくくなるので、
あぜ道などの緑化に使われているそうです。

実験として庭に植え始めたのが4,5年前だったと思います。
増えた分を玄関先に移植して2年くらいですが、
すっかり敷石を覆わんばかりに茂ってます。

油断すると敷石が見えなくなるほどに成長するので、
チョキチョキ切り取ってみました。
切り取った分はまた別の場所に移植。

こんな調子でどんどん庭に増殖中です。
Iwadare_2


庭のアプローチも半分埋まってきました。
これを移植するときは、まるでカツラをはがすようで
楽しいです。

あまり踏まない場所では、葉が5倍くらいになり、
ツルも太くなり、グラウンドカバーにならないので、
時々麦踏みのように、踏んで歩いています。

芝を植えて刈るのか、ヒメイワダレソウをひたすら踏むのか
好みによりますが、私は踏むのが好きです。
(アキコ)

| | コメント (0)

リュウボクイキモノ展終わりました。

8月10日で、リュウボクイキモノ展も無事最終日を迎えました。
来てくれた皆さん、どうもありがとうございました。

今回の展示会は、急に決まったので、
あまりお知らせできなかったのですが、
思った以上にたくさんの人に観てもらえたようで、
とてもうれしかったです。

ギャラリーZIPPERHOUSEも定着してきたようで、
常連さんが覗きにきてくれて、コメントしてくれていました。

8月18日からは、毎年恒例のお盆明けフリーマーケットが
行われるそうです。
ただの不用品フリマとは一味違う、ZIPPERHOUSEのフリーマーケット。
僕も楽しみにしています。

| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年11月 »