« リュウボクイキモノ展終わりました。 | トップページ | 宝石も数が多いとただの石 »

2013年8月12日 (月)

グラウンドカバープランツ

Iwadare

ウチの玄関先のグラウンドカバープランツです。
ヒメイワダレソウの一種で、踏めば踏むほどよく育つという
たくましい草です。

踏まれると芝などは傷んでしまいますし、
他の雑草だと背が高くなってしまうのですが、
これは踏むと葉っぱがどんどん矮小化されて、密度が増してきます。

Iwadareup


そうすると他の植物が生えにくくなるので、
あぜ道などの緑化に使われているそうです。

実験として庭に植え始めたのが4,5年前だったと思います。
増えた分を玄関先に移植して2年くらいですが、
すっかり敷石を覆わんばかりに茂ってます。

油断すると敷石が見えなくなるほどに成長するので、
チョキチョキ切り取ってみました。
切り取った分はまた別の場所に移植。

こんな調子でどんどん庭に増殖中です。
Iwadare_2


庭のアプローチも半分埋まってきました。
これを移植するときは、まるでカツラをはがすようで
楽しいです。

あまり踏まない場所では、葉が5倍くらいになり、
ツルも太くなり、グラウンドカバーにならないので、
時々麦踏みのように、踏んで歩いています。

芝を植えて刈るのか、ヒメイワダレソウをひたすら踏むのか
好みによりますが、私は踏むのが好きです。
(アキコ)

|

« リュウボクイキモノ展終わりました。 | トップページ | 宝石も数が多いとただの石 »

ケンチクと環境」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。