« 2013年8月 | トップページ | 2014年3月 »

2013年11月30日 (土)

原発について知りたいことが書いてある本

クレヨンハウスから出版されている
「わが子からはじまるクレヨンハウス・ブックレット」
というシリーズは、原発のことについて多方面から
わかりやすく書かれた本です。

このブックレットを知ったきっかけは、報道写真家の
樋口健二さんの講演を聴きにいったことでした。
樋口さんは原発被ばく労働のことを40年前から
追い続けている人です。
その講演の内容がブックレット009にわかりやすくまとめられています。

このブックレットは13冊あり、100ページもない手軽な本ですが、
内容は、知りたかったけれどわからなかったことが
ボクが分かるように書かれてありました。

とりあえずすべて買って読んでみました。
とくに面白かったのは、城南信用金庫の理事長・吉原さんの話。
金融という側面から観た脱原発へのアプローチをしているのが
新鮮で力強く感じました。

そのほかにも医師、哲学者、ジャーナリスト、技術者から観た
原発の話。とてもわかりやすく、ためになりました。

読みやすい本なので、おススメです。

(タカシ)

| | コメント (0)

掲示板

Kanban


5年ほど前に招き猫の看板を注文いただいたS気功院。
こんどは掲示板を作りました。
ついでに招き猫も塗り替えてリニューアル。

(タカシ)

| | コメント (0)

工房リニューアル記その12

Sbefore

去年の冬はドアがまだ無く、とても寒い中作業していました。
鋳物でできた万能機は朝とても冷たくなっていて、
昼ごろから日の落ちる4時ごろまでに作業を終わるようにしていました。

Sdoorafter


今年の本格的な冬が来る前に、
ついに念願の扉がつきました!
今年の冬は暖かく仕事ができそうです。

このドアには「森の仲間たち」というデザインが施される予定ですが、
まだそこまではいっていません。
来年の2月以降少し暇ができたら、作ってみようと思っています。

タカシ

| | コメント (0)

2013年11月23日 (土)

3回目の原子力発電所にモノモウス展

AcgalleryomoteUra


2014年1月20日から銀座のACギャラリーで個展をやります。

内容についてはいろいろ悩みましたが、
過去2回、原宿、国立とやってきた「原子力発電所にモノモウス展」の
銀座バージョンとして、新作の展示もします。

原子力発電所の問題は、日々の生活の中で
だんだんと薄れていっているように感じます。

しかし問題はますます重篤化し、複雑になり、
単に反原発、脱原発などと意思表示することが
陳腐化してきているようにも思われます。

だから個人的な意識の問題として、今回の展示を
したいと思っています。

今回は、PLANET OF THE CATS と副題をつけてあるとおり、
猫の惑星という妄想の世界を通して
私たち人間の未来をイメージしてもらいたいなと思ってます。

タカシ


| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2014年3月 »