« 青か灰色か | トップページ | ダイペディア? »

2014年5月26日 (月)

河合工務店さんの山

東京の工務店さんでは珍しく、山を持っている河合工務店さん。
パプアニューギニアの森を守る会の勉強会に参加したときに
国産材利用はもちろんのこと脱合板・化学物質をはっきりと打ち出して
いる河合さんの考え方にとても共感を覚えました。

そんな河合工務店さんが山を見学するツアーを企画されていて、
今回が第六回目だそうで、参加させてもらいました。

前回までは伐採や植樹が中心だったそうですが、
今回は山の中に作ったツリーハウスのお披露目と
森のコンサートがメインイベントとなりました。

2


河合さんの持っている山は適度に間伐されていて、
地面までしっかりお日様が照っていました。
お日様が当たることで植物が根を張り、
雨が降っても表面の土が流れず、
まるでスポンジのように水をため込みます。

そんな理屈もさることながら、
とにかく気持ちいい森です。


3


ちなみにこちらは、すぐ隣にある手の入っていない森。
地面に十分日が当らないのか、土が露出していました。
木の間隔も狭く、もやしのように細い木ばかりでした。


1


今回の目玉の一つ、ツリーハウス!
この森で伐採された木を使って、地元の大工さんが建てたのだそうです。
まさに地産地作?!
地元の林業の方や大工さんと河合工務店さんの
つながりも感じられて、とても素晴らしいと思いました。

これを作った大工さんに興味深い話を聞きました。
「ムナザシはいけない」
初めて聞いた言葉だったので尋ねてみました。

ツリーハウスには生えている木にボルトを刺して固定する作り方
があるらしいのですが、それは「ムナザシ」といって
縁起が悪いことが起こるから、生えている木は傷つけない方法で
作ったのだそうです。

植樹や伐採見学、おいしい食事と森のコンサート、
バスの中での大クイズ大会などなど、アットホームな企画がいっぱいで
とても楽しい一日を過ごすことができました。

|

« 青か灰色か | トップページ | ダイペディア? »

ケンチクと環境」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。