« オープンアトリエday vol2 キッチンの木展始まりました。 | トップページ | オープンアトリエday vol2 キッチンの木展終わりました。 »

2014年11月13日 (木)

泥の家

Spb080254Spb080255



虫が作ったと思われる、泥の家を見つけた。
大きさは10㎝ほど、質感はざらっとして、トックリバチの巣と同じ感じです。

正面に2つ、裏側に7つ、5㎜ほどの穴が開いています。

一体なんなんだ?

教えて、ダイちゃん!

(タカシ)

|

« オープンアトリエday vol2 キッチンの木展始まりました。 | トップページ | オープンアトリエday vol2 キッチンの木展終わりました。 »

くにたちの里山風景」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しています!
我家の壁でも見かけることがあり、結構大きいのでなんのハチかな?と思っていたので
ちょっと調べてみました。
おそらく、ドロバチ科のスズバチ(鈴蜂)ではないかと思います。
18mm~30mmの割と大きく細長いハチですが、この辺でも良く見かけます。
巣はトックリバチと違う特徴があって、大きくて徳利の形をしておらず木の枝や壁に
作ることが多いそうです。
中は十数個の部屋に区切られ、各部屋に餌となる蛾などの幼虫を運び入れ一部屋に一個の
卵を産みつけます。
写真の巣は穴が開いているので、無事成虫になって巣立っていったんでしょう。
 

ハチは種類が多くて専門家でも見定めるのが難しいのがいるみたい。
危険と思われがちだけど、何かと役に立っている虫だと思います。
蛾の幼虫を餌にするハチがいなかったら大変なことになっちゃうね・・・!

投稿: DAI | 2014年11月13日 (木) 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オープンアトリエday vol2 キッチンの木展始まりました。 | トップページ | オープンアトリエday vol2 キッチンの木展終わりました。 »