« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月22日 (木)

「伝統的木造住宅はどこにむかうか」フォーラムに参加してきました。その3

みなさんの家にも1つくらい室温を測る温度計があるかと思います。
冬にエアコンを運転して温度計が「室温26度」になっていても
なんだか冷え冷えするなあと思ったことがある人も多いでしょう。
これは何ででしょうか。

周りの壁や床が冷えていると、いくら空気を暖めても冷えを感じる、
それが人間の体。
壁や床の表面の温度を「放射温度」と呼んだりします。
知らず知らずに「放射温度」を感じ取っているんですねー。

不快になると、人はカラダの「備蓄」を消費して
平常の体温を保とうとします。

宿谷さんの講演では
夏にエアコンを使って26℃にした部屋にいる人と
エアコンを使わずに通風だけで室温が30℃の部屋にいる人を
比べたデータが報告されていました。

面白いことに、通風だけの部屋にいる人のほうが、
エアコンの涼しい部屋の人よりも「備蓄」を使っていないというデータでした。

つまり、通風だけの部屋のほうが「快適だなあ」
とカラダが判断したわけです。

エアコンは部屋を冷やすのが目的ではなくて、
人を快適にするために使うわけですから、
これでは電気の無駄遣いになっているかもしれません。

Kura3←築100年の穀物蔵の修復




この講演を聞いているとき、思い出したのですが、
私の祖父母の家は東北の山の中にあり、私が子供のころは
冬は雪で埋もれていました。
ところが天気のいい日は縁側を開けっぱなし。
測ってはいませんが、きっと気温は10℃以下だったでしょう。
でも縁側に降り注ぐお日様で暖かく快適でした。

太陽の「放射温度」が私を暖めていたわけですね。縁側最高!

なるほどー、「放射温度」をコントロールできればいいのね、
では、壁や屋根、床にたっぷり断熱材を詰め込んじゃおう!
と走りだしたいところですが、云うは易し、行うは難し。

実際に断熱材をきっちり施工しようとすると、現場ではいろんな問題が
でています。
ここでもまた、断熱性能に走るあまり、「人」の健康が忘れられています。
最近の「断熱材事情」はいかに?
また別のページで・・・。







| | コメント (0)

2015年1月20日 (火)

サギvs巨大魚

用水沿いの道にダイサギがいた。
なんとなくアワアワしていた。
Srimg2828


よく見ると、20㎝以上もある魚を飲み込もうとしている。

Rimg2828


写真でみると、鯉に見える。

必死で格闘すること、1分以上。

Srimg2829_2


飲み込めたが、まだのどの途中にいるらしい。
じっとしている。

のどが膨らんでみえるね。

Srimg2830_2


ようやくごっくん。

この後、人が来たので、重そうに飛んで行きました。


| | コメント (0)

へそ大根

東北のある地方では、「へそ大根」というのを作るそうだ。
作ってみることにした。
Spc240190


輪切りにした大根を、30分ほどゆでて、
棒に突き刺し、乾燥させる。

ゆですぎると、大根が切れて落下するので注意。

3週間くらいかな、干しあがりました。

Srimg2827


うまく干し上がると、まるで「でべそ」のようです。

水で戻して煮物にするとおいしいらしいです。

| | コメント (0)

2015年1月 8日 (木)

「伝統的木造住宅はどこにむかうか」フォーラムに参加してきました。その2

H25省エネ基準は大きく分けて、2つの条件があります。
1つ目は、最初に「分厚いコート」に例えた「外皮」。
2つ目は、住んでから使う冷房や暖房、給湯等で使う
消費エネルギーの合計。
この2つが基準をクリアしていれば、めでたく合格、という内容です。


「伝統的木造」の家は柱や梁が見えていて、土や板で壁をつくっていく
「真壁(しんかべ)」が基本です。
「外皮」である柱や土壁にはどうしても隙間が空きやすいし、
土壁だと壁の中に断熱材を入れるのがそもそも結構難しいのです。

Tuchi_4


外壁を全て土壁で設計したこともありますが、断熱材を入れるために
柱を5寸(15㎝)にしてスペースを確保しました。
それでも今回の省エネ基準はクリアできないでしょう。

断熱性は見劣りしますが、隙間があることで、雨漏りしても乾きやすいという
特徴があります。
伝統的木造の家はこの特徴がゆえに軽々と100年は持つ。

それゆえ、1つ目の「外皮」基準のように全身分厚いコートを着るような
構造になっていません。

2つ目の消費エネルギーの合計については、公の用意したソフトに
入力していきます。
不思議なことにエアコンを使わない家でも
エアコンがあることにしないと先に進めない!ようです。

フォーラムでも報告されていましたが、伝統的木造の家を建てるような
人の多くはアンチエアコン派だし、できるだけ余計な家電を持たないように
暮らしていたりする人が多いです。

「入力しやすいようにするため」に作られたソフトのために
実際と違う結果が出てしまうわけで、目的と手段が逆転してます。
(最近、そういうのが多い気がしますが。)

フォーラムでは長年伝統的木造を設計されてきた方々による
調査結果が報告されましたが、やはり現状ではH25省エネ基準を
クリアできるものはなかなか作れないということでした。

「伝統的木造」については、「文化的な側面」を尊重してもらうために
例外を作ってもらうように働きかけていこう、という内容でした。


フォーラムの中で、私がとても面白いなあと思った講演は
宿谷昌則教授のお話でした。
(つづく↓)

「伝統的木造住宅はどこにむかうか」フォーラムに参加してきました。その3

| | コメント (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »