« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月27日 (火)

引越し終わりました。

大型機械の移動も、問題なく終わりました。

もうひとつの心配事はネコの移動でした。

3匹のうち2匹は「おいで、おいで」でひょいと持ち上げ、
段ボールに入れて連れてくることができたのですが、
1匹だけ触ることができないネコが残ってしまいました。

国立市の「猫のゆりかご」という野良猫問題に取り組んでいる団体さんから
捕獲器を借りて、残った1匹も無事移動することができました。

これで引越しは無事終了。

Sp9260256


とにかくモノはすべて移動したものの、
仕事場はこんな状態。
足の踏み場もありません。

これから片づけて、早く仕事をしなければ・・・!

Sp9260252


で、とりあえず国立の仕事場の門につけてあった風見魚のオブジェを設置。
南アルプスの前衛にある甘利山をバックに泳ぐ風見魚。

映えますねー。

仕事場の混乱もちょっと忘れました。(笑)

| | コメント (1)

ついにこれを運びました。

台風の影響で延び延びになっていた万能機の移動。

Srimg3154Srimg3156


いつもお世話になっている、静岡県の機械屋さんが来てくれました。

コロコロっと運びだし、ウイーンと持ち上げ、
あっという間に新しい仕事場に設置してもらいました。

本当は9月18日に予定していたのですが、
また台風が来そうだ、ということで、心配して1日早く来てくれました。

本当にお世話になりました。ありがとうございました。



| | コメント (0)

2016年9月21日 (水)

断熱材の再利用

Sp7310197


リビングになる予定の壁から、古いグラスウールの断熱材を取り出しました。
このグラスウール、捨てるときは「産業廃棄物」として処分されます。

仕事でリフォームなどをするときには、工務店さんが産廃業者に持ち込んで
マニュフェストという書類を作り、どこに捨てられるかを管理して、
不法投棄しないようにしています。
セルフリフォームであっても、一般ごみとしては出せません。
それだけ、安全なごみとは言えないからです。

本来であれば、古い木材を再利用するのと同じように、
古い断熱材も再利用できればいいのに、と思っていました。
今回は、自宅のリフォームなので、常々思っていたことをやってみました。

そのまま外壁に面したところに使ってしまうと、現代の断熱性能には及ばないので、
使えません。
どこに使おうかなーと考えていたところ、
畳をフローリングに変更する事務所スペースの床に入れることを思いつきました。
もともと予算がないので、ここの断熱はしないつもりでいましたが、
これでゴミも出さず、断熱性能もちょっぴりアップできます。

Sp7310196


畳の厚みは約60ミリ。そこに30ミリの根太材を並べます。
その隙間に断熱材を押し込み、タッカーで仮止めします。
その上に12ミリの針葉樹合板、最後に15ミリの杉板を重ねていくと、
ちょうど畳の厚みよりちょっと下がったところで床板がきます。
(これを試したい方へ
グラスウールはガラスの繊維です。
マスクとゴーグル、長そで、手袋で
グラスウールに皮膚が触れないようにしてください)

Sp9210249


日田の杉板を貼り、ブレーマー社のオイルとワックスで仕上げました。
国立の事務所に作り付けてあった杉板のデスク&シェルフも引越してきました。

ふすまの雅な柄はそのままです。
このふすまがまた問題で、本ふすまではなくて、ベニヤ板に紙を貼った
「なんちゃってふすま」でした。
ベニヤの灰汁が出て、よろしくない感じになってます。(笑)

この紙を剥がして、渋紙を貼る案。
思い切って、カラフルにペイントしてしまう案。
もしくは、補強を兼ねた格子壁にする案。
などなど、考え中です。




| | コメント (0)

2016年9月18日 (日)

移転のお知らせ

半年かかりでの移転作業ももうすぐ完了です。

先日、最後のギャラリーオープンデーでは、予想外に多くの方に来ていただいて
本当にありがとうございました。

数人でサンマでも焼いてゆったりと・・・などと
のんきなことを想像していた二人でしたので、
十分なおもてなしもできず、反省しています。

それでも、初めて会う方々同士で、なぜか話が尽きない様子だったのが、
とてもうれしかったです。

18日~22日までは移転のため、
電話、メールは一時不通となりますので、ご了承くださいませ。

ご迷惑をおかけしますがどうぞよろしくお願いします。

南アルプスの家のほうは、移転記でお伝えしているように、
まだ、リビング+キッチンの床も壁も天井も剥がした状態です。
しばらくは、台所なしの生活です!
自分たちで作っていくので、普段仕事でしないようなことにも
チャレンジしてみたいです。妄想は深まるばかり・・・!

| | コメント (0)

2016年9月16日 (金)

齣展終了しました。

上野の東京都美術館で行われていた、齣展の展示が終了しました。

Srimg3152Srimg3138


Srimg3150


このような感じで、様々な作品に混じって展示されました。

天井の高い、大きな空間で作品を展示するのは初めてだったので、
とても楽しかったです。

搬入の日、梱包の箱を保管する場所がない、ということで困っていると、
出展作家のひとりが、「梱包材も作品として展示してしまえばいいんじゃない?」
そうすると、もうひとりの作家が、「それは面白い、うーん、アバンギャルドだね。」

ということで、急きょ新作「美術のカンオケ」が展示されることとなりました。

Srimg3142


Srimg3139


ということで、作品プレートも手描きです。

梱包材の置き場がない、という状態にぼくは、
「45年もやってて、今までどうしてたんだろう?」
「何度も足を運んでいるのに、手際悪くねー?」
などと、少しいらっとしていましたが、
梱包材を作品にしてしまおう、という発想にびっくりして、
そんなことを考え付く頭の柔らかさに感動し、ワクワクして、
それまでのイライラした気持ちが楽しい気持ちに変わってしまいました。

80歳を過ぎた作家たちのユーモア感覚を心から尊敬してしまいました。

そんな人たちと同じ会場で作品を展示できたこと、
そしてその人たちが僕の作品を面白がってくれたことが、
とてもうれしかったです。

また、工芸の世界に限らず、作りたいなと思うものを作り、
発表したいなと思う場所で発表できるようにしていきたいと思いました。



| | コメント (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »