« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月22日 (月)

キッチンリフォーム2

キッチンのリフォームもそろそろ終わりが見えてきました。
そもそもはじめはどんな感じだったかといいますと、

Sp4150066


こんな感じの昭和のキッチンでした。
床のクッションフロアーは油でつるつるとよく滑りました。
まるでラーメン屋のようでした。

当初は、このステンレスシンクを再利用しようと思って、
一生懸命磨きました。

ところが、排水口部分が錆びて、穴が開いていて、断念。
全部撤去しました。

Sp4150070


そこで、新たなアイディア。
いっそのことアイランド型キッチンにしてしまおう。
出窓部分は収納兼作業台にできそうです。

ということで、出窓部分の壁をすべて撤去しました。

Sp4130209


出窓の下に斜めの空間があったので、ここも有効利用することにしました。

いろいろと相談しながら、変更に次ぐ変更。
いいアイディアが出てくると、すぐさま導入。

で、こんな感じになりました。

アイランドキッチンから出窓側を見たところです。

Sp5220378



Sp5220392


ステンレスシンクは、セミオーダーで好みの寸法に作ってもらいました。
最近は、希望の寸法が比較的安くできるようになったので、助かります。

これでようやくカセットコンロ&洗面所での食器洗いの仮設生活に、
お別れです。(涙)

このあと、棚の扉や、引出し、タオルかけに至るまで、
細かい作業が残っていますが、
何よりも、シンクで食器を洗える喜び、
炒め物、天ぷらもできるぞー!と盛り上がっています。

これまでもオリジナルのキッチンを設計してきましたが、
いざ自分のとなると、かなり迷うものだということがよくわかりました。
「いや~、そのうち慣れますよ」なんて、気軽に言ってはいけなかったなあとか。
反省。

続きは、ディテール編で。

| | コメント (1)

2017年5月16日 (火)

道祖神のお引越し

もともと庭にあった道祖神。
庭の隅っこで塀際にありました。
窮屈な場所にあって、何となくかわいそうな感じがしていました。

そこで、敷石の小道を作るのと前後して、道祖神もお引越し。

Sp5160358


御近所の道祖神はみんな南を向いていたのですが、
うちのは、東を向いていました。
そこで今度は、庭の真ん中で南向きです。

敷石の小道を歩いていくと、道祖神が現れる、という位置になりました。

ところで、道祖神を動かすにあたって、何やら決まり事や日にちがあるのかな
と思い、近所の人何人かに尋ねてみたのですが、
みなさん古い集落の家から持ってきたんだ、という話をしてくれて、
特に決まり事はない、とのことでした。

アジサイやヤマブキの茂みの中に、
ひっそりとたたずむ道祖神。
石の一部にはコケが生え、アマガエルがケロケロと鳴いている。
5年後には、そんな風景になっている、といいな。

| | コメント (0)

敷石を敷く

敷石を敷くことにしました。
まっすぐだとつまらないので、くねくねとした道を作ろうと思いました。

Sp5150349


最初はこんな感じでした。
ここに11センチ角で長さが40センチくらいの石を敷いていきます。

Sp5160352


石の深さくらいの溝を掘り、土を突き固め、
石を並べ、小石を間に敷き詰めてその上に土をかぶせていきます。

Sp5160357_2


こんな感じで仕上がりました。
工事したてで、ちょっとさみしいですが、
この小道をもとに、いろいろと植栽していく予定です。




| | コメント (0)

ガスが来た。

キッチンが8割がたできたので、ガスを引いた。
Sp5160361Sp5160363


これでもうすぐカセットコンロ生活も終わります。

ガス屋さんの工事作業車って、科学特捜隊の車両にも見えて頼もしいよね。


| | コメント (0)

2017年5月14日 (日)

第2回あおぞらふるさと祭り

北杜市白州町にある「あおぞら共和国」で行われた
あおぞらふるさと祭りに参加してきました。

Sp5130344

当日はあいにくの大雨。
急きょ室内での開催となりました。

くまのパンやさんや、福祉作業所のクッキーなどの食べ物や
木工や手芸などのお店が出展していました。

歌やオカリナ、南米楽器などのライブも行われました。

我々はいつものように、木のゲーム屋さんとして参加。

Sp5130341


初めての室内営業です。
しかも和室。
子供達が手に汗握りしめて、ゲームにチャレンジ。
応援する親、冷やかす野次馬、いつものように大盛り上がり。

悪天候の中、お客さんの人数も少なかったのにもかかわらず、
次々と来てくれて、楽しんでくれました。ありがとうございました。

普段は難病の人たちが家族と気兼ねなく泊まって楽しめる施設だそうです。
いわゆる福祉施設とは違った、居心地の良い場所でした。
やっぱり無垢の木っていいなあー。

| | コメント (0)

2017年5月 8日 (月)

コルクの床を貼りました。

キッチンの床は、コルクタイルを貼ることにしました。
コルクは、水にも強くて、浴室の床に貼ることがあるくらいです。

コルクの表面には、いろんなワックスが使われていますが、
今回は、天然オイル仕上げのものを貼ります。

Sp5080332Sp5080330



接着剤は、天然ゴムや松脂等が原料の自然接着剤で、ドイツのものです。
イカの臭いがするので、私は「イカボンド」と呼んでます。(笑)
(乾くとにおいませんので、大丈夫)

これを櫛目を付けて伸ばしていきます。
貼り方は一般のコルク用接着剤と同じです。
天然のものは、施工が面倒、というイメージがあるようですが、
この接着剤については、使いやすいと評判です。

Sp5080335


2畳分くらい貼って、このあと壁際まで敷き詰めていきます。
ここが腕の見せ所。

コルクタイルの箱のなかに、壁際の敷き詰め方等の説明がついてますので、
カッターがあれば、簡単に施工できます。

ドイツの接着剤は個人でも購入できます。
コルク用と謳っていますが、床の下地に使えば、床鳴りを防ぐこともできますし、
コンクリート・煉瓦と木を接着することもできます。

エコ・オーガニックハウスで検索してみてください。


というわけで、次はいよいよシンクを取り付けます。

| | コメント (0)

甲府市は真夏日

盆地の底の甲府市は、真夏日。
南アルプス市も暑かったです。

ネコも暑かったみたいで、こんな寝相です。

P5080329

| | コメント (0)

2017年5月 7日 (日)

クリスマスローズ

クリスマスローズという花があります。

花の色が、白やグリーン、薄い紫など、落ち着いていて
葉っぱも美しいです。

しかも他の花が枯れている時期に花を咲かせるそうです。

P5050316


いいところだらけなのに、なんか嫌だなあ、と感じる。
どこが嫌なのか、よくよく考えてみると、
名前が嫌だということにたどり着きました。

中高年男性が「俺、クリスマスローズ好きなんだよね」
ちょっと恥ずかしくて言えない。

そこで、清楚な美しさに似合う名前を考えました。

クリスマスの時期にちなんで、「師走草」と呼ぶことにしました。

| | コメント (1)

2017年5月 3日 (水)

土、運びましたー。

前回、土をもらってきたときに、
いくつか植物ももらってきました。

ぎぼうし、ムスカリ、マムシ草、山椒。
あとは自生している若い木を2本。

Sp5030270_2Sp5030271_3

これはアオダモだと思われます。

Sp5030268_2Sp5030269


こちらは、調べてみたのですが、わからず。
(どなたか知っていたら教えてください)


Sp5030273


以前入れた「機能土」に今回持ってきた土を混ぜ込んでいます。

Sp5030279


植物も植え込み、こんな感じになりました。












| | コメント (0)

2017年5月 2日 (火)

土堀り隊が行く

うちの庭は、扇状地の中にあるため、
地面のほとんどが石、砂利、砂でできています。
水はけがよくて、乾燥しているのがいい点ではあるのですが、
庭づくりにはちょっと不向きな土地です。

土が欲しいなーと思っていた矢先、
北杜市で穴を掘ってほしいという人がいる、と聞きました。
そこの土地の土はとてもいい畑の土で、持って帰っていいということでした。

さっそく1tトラックに乗っていってきました。

Simg_9504_2


南アルプスの眺めがいい畑で、幅1m、長さ4mほど、
深さ50㎝くらいの穴を掘っています。

表面20㎝くらいは、黒々とした素晴らしい土で
その下は赤い粘土質の土が出てきました。

この穴は畑の持ち主が剪定した枝や落ち葉などを
燃やすために使う穴です。

穴が欲しい人とその中にある土が欲しい人。
幸せな出会いでした。

Sp5020265

写真ではちょっとわかりにくいですが、
結構深いので、チームSのKさんが階段を作ってくれました。

遺跡発掘現場のようです。

掘り出した土は1t以上あったようで、
トラック1杯半くらいになりました。

これでうちの庭に土の小山ができそうです。

土をくれたKさん、手伝ってくれたチームSさん、
ありがとうございました。

| | コメント (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »