« 東京都美術館 齣展 始まりました。 | トップページ | マスク2017 »

2017年9月19日 (火)

齣展出品作に込めた意味

齣展出品作の解説を少し。

P9170058P9170060

今回は、遠方だったので、会場にほとんどいることができず、
来てくれた人と話をする機会がありませんでした。

そこで、作品の説明を少し書こうと思います。

この作品「ヒトリデスワル(Fool on the hill)」は、
2012年に製作したもので、展示するたびマイナーチェンジを繰り返しています。

子供のころから学校などでは「仲間」は素晴らしいものであると教わります。

しかしながら、「仲間」という言葉が存在するためには、
「仲間外れ」が必要となります。

「友達」や「味方」なども同じことが言えると常々思ってきました。

そんな中で、最も大切なことは一人でいることができること。
ひとりで立ち上がることは大変でも、せめてひとりで座っていたい。

などという思いが込められています。

一人でいる自由があるのは、世の中が平和であるからだと思います。
ひとたび戦争に向かっていけば、世の中は全体主義を重んじるようになっていきます。

ひとりで座っていられる自由が続きますように。

|

« 東京都美術館 齣展 始まりました。 | トップページ | マスク2017 »

作品展」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。