« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月26日 (火)

大豆をつくるぞ10(選別)

Pc230115

自家製唐箕で選別された大豆を、縁側で乾燥させています。

この大豆のなかには未成熟のものや虫食いなどが混ざっているので、
選別していきます。

Pc230117

お盆に出し、1粒ずつ手で選別していきます。

大豆の転がり抵抗を利用した選別機というものがあるらしいのですが、
うちでは極力原始的な方法で、進めています。


最初は自宅用だし、味噌にするから、多少の傷や虫食いはよしとしよう、
などと言っていたのですが、始めてみると、だんだん選別の基準が厳しくなっていきます。

「あ、これはA級品だね。」

「おー、これは特Aだ。」

日本人特有の選別の喜びがむくむくと頭をもたげてきます。

「いかん、いかん、これでは、捨てるものがたくさんになってしまう。」




Pc230119


仕事が終わり、夕食を取った後、選別作業が始まります。
この調子だと年を超えてしまいそうです(笑)。

こうして選別していると、趣味なので楽しいです。
ただ、もしこれが仕事で、自分の生活を支える収入源だったとしたら、、、
ということが頭をよぎります。
そんなことをつらつらと次回書いてみたいと思います。




| | コメント (0)

ココシャネルの猫

あ、猫がココシャネルのマークになっている。

Pc220109


なんだ、ストーブの前で寝ているだけでした。

Pc220107

| | コメント (0)

2017年12月17日 (日)

大豆をつくるぞ9

前回、脱穀が終わり、選別で途方に暮れてしまいました。

唐箕(とうみ)という選別機械を使うと簡単にできるらしい、ということは知っていました。

風によって、比重の違うものを選別する機械です。
そこで、工房で使っている工場用の大型扇風機を使って
自家製唐箕をつくることにしました。


Pc160089Pc160093


扇風機の前に大豆の実と茎や殻の混じったものを落としていくと、
重い大豆の実は下に落ち、軽い殻は遠くに飛ばされる、という仕組みです。

風の強さや方向、落とす量、フードの位置や形を工夫してみると、
大豆と殻が見事に分別されていきます。

Pc160094


ぐいぐいと作業は進み、全部で70キロほどの大豆が選別されました。
始めに蒔いた大豆は3キロほどだったのを考えると、
すごく増えたことになり、うれしいやら、驚くやら。

吹き飛ばされたさやの中には、まだ大豆の実が入っているものが、
結構残っていることが判明しました。

これを丹念に殻と実を分ける作業が必要です。

そこでチームSの助けを借りることにしました。

Pc170097


丹念に踏んで、殻を割っていきます。

チームSのGさん、Hちゃん、Sさん。

今回のチームSには、神奈川から参加のY子さんも。

Pc170099


分別した大豆には、虫食いや発育不良な粒が混じっていました。
それを手で一つ一つ、選り分けていきます。

この後、大豆は天日に干して、乾燥させます。
これでようやく大豆の完成となります。

いつものことながら、作業を手伝ってくれているチームSのみなさん、
どうもありがとうございます。

この大豆を使って、来年は味噌を始め、
豆腐、湯葉などにもチャレンジしてみようかと思っています。



| | コメント (0)

2017年12月16日 (土)

大豆をつくるぞ8

大豆を刈り取り、乾燥も終わりました。

いよいよ脱穀です。
いろいろな方法があるみたいです。
ビールケースに叩きつけると簡単にできるよ、と言われ、
試してみました。

乾燥がいまいちのせいなのか、効率が上がらない。
いつもお世話になっている近所のKさんが来て、
「棒の先に30㎝ほどの短い棒がついていて、くるくる回る竿を作ると
効率がいいんだよ。」
と教えてもらったので、作ってみました。

Pc140072Pc140073


使ってみると、ちょっとコツがいるのですが、効率アップ。

調べてみると、「クルリ棒」とか、「から竿」とか言うようです。

二人でバシバシと叩き、2日間で脱穀終了。

Pc140075


くるり棒を教えてくれたKさんが、貸してくれた脱穀用の道具です。

名前は不明ですが、大きな掛けやのような道具で、
竿の曲がりと打面の角度に工夫があり、
絶妙な打ち付け具合。

地面に落ちてさやから大豆が出てないものを、叩いて粒を取り出すことができます。

Kさん曰く、子供の時にはもうあった、ということから、
最低でも70年は経っている道具らしいです。

簡単な手作りのものですが、使い続けていくと妙な風格というか、
美しさが出てくるのが道具の不思議なところです。

Pc150079


脱穀の次は、選別です。
焼き肉用の網を利用して作ったふるいで、
殻と大豆の実を選り分けていきます。
これが何とも効率が悪い。

テンションダダ落ちです。

この先どうなってしまうのだろうか。
つづく。

| | コメント (0)

謎のメレンゲ

大豆の収穫をしていて、こんなの見つけました。

Pc140077


2㎝ほどの楕円型の球体で、3㎜ほどの穴が開いている。
メレンゲを固めたようで、ふわふわした感触。
枯れた大豆の葉にくっついている。

収穫していると、いくつも見かけました。

たぶん、虫の繭だとおもんだけど・・・。

DAIちゃんこれ何?

| | コメント (1)

2017年12月11日 (月)

北杜市のウッドデッキ

Sさんの八ヶ岳の別荘のウッドデッキが傷んできたので、
デッキ部分を張り替えられるだろうか、という相談を受けました。

10年ほど経っていて、デッキ部分は腐り始めていました。
梁部分は一見つかえそうだったのですが、よく調べてみると腐っていたので、
全部作り替えることになりました。

もともとは、東と南にLの字型のデッキでしたが、
雪が直接落ちる東側をなくし、南側は洗濯物を干すため、
半分くらい屋根をかけることになりました。

Pc080057


ということで、こんな感じにできました。

あとは塗装して屋根にポリカの透明波板を取り付けて完成です。

もともとあったデッキは、多分ベイマツで作られていたと思います。

今回は、屋根は杉、そのほかデッキ部分はヒノキ、根太の部分は栗を使用しました。

作り方もほぞを付けて木を組んでいます。

デッキの鼻先を隠す化粧板が、前のものだとくっついていたので、
松葉がたまり、腐れの原因になっていました。

今回は、30ミリほど空間を開けて取り付け、松葉など、ごみが溜まらないようにしました。

これだと湿気も乾きやすく、より長持ちすると思います。

Pc100063


塗装が終わった状態です。
水性ステインという種類の塗料を使いました。
木に染み込むタイプなので、重ね塗りするとよりよくなっていきます。

11月の20日から2週間ほどの工期でした。

天気にも恵まれたのですが、風が強い日は八ヶ岳からの雪が舞い落ちてきて、
慌てたこともありました。

作業時間も3時半になると外作業がつらくなり、関東とは気候が随分ちがうことを実感。

シカが走り回り、ハンターたちが10台ほどの軽トラで
追いかけていたのが印象的でした。

| | コメント (0)

2017年12月10日 (日)

洗濯モノがほっかほか

冬になると、なかなか洗濯物が乾きにくく、困ります。
国立のころは、窓際に干していたのですが、
冬は寒いせいか、厚手の服が1日経っても湿っていることもありました。

こちらは、お日様はすごく照るのですが、
外は空気が冷たいので、洗濯物も冷え冷え。

ふと、思い立ち、中二階に作ったキャットウォークを利用することに。

Pc080064


上を見上げないと洗濯物は見えないので、
堂々と洗濯物を干しても、気にならなくていいです。

しかも薪ストーブの輻射熱で暖まった空気が上に流れるので、
ほっかほかの仕上がり!まるで、乾燥機で仕上げたみたい。

これを衣類乾燥機でやると、電気やガスを使いますが、
これは暖房の一部を拝借しているので、余計なエネルギーを使わずに済むのが
うれしいです。

このキャットウォークを作ったとき、とくに利用方法を考えてはいませんでした。
ただ、上から1階を見下ろしたら楽しいだろうな、と。
意外な使い道、発見。

ここに干すようになってからは、曇りの日も洗濯が楽しくなりました。

| | コメント (1)

2017年12月 6日 (水)

大豆をつくるぞ7

あれから、3日間かけてすべての大豆を収穫しました。
そして、干し作業に入りました。

Pc040050Pc040052


葉座掛け用に借りたパイプでは、とうてい足りず。
7mx5mほどのブルーシート3枚分に寝かせて干すことにしました。

夜露や霜を避けるために、夕方にブルーシートを被せ、
朝またシートを外す作業を繰り返しています。

一週間ほど干したら、脱穀作業です。

今週の日曜日を予定しています。
手の空いている人は冷やかしがてら手伝いに来てください。

連絡お待ちしています!



| | コメント (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »