« 入笠山スノーシュー | トップページ | 気流止めは万能? »

2018年2月19日 (月)

2019年の薪集め

今年の冬は寒かったので、思いのほか薪を使いました。
昨年の12月ごろから果樹園の剪定が始まったので、
「薪が出るよ」と声をかけてもらっていました。

しかし12月中は仕事が忙しく、取りに行くことができませんでした。
そこで地区の人に事情を説明したところ、
次々と薪の情報をいただき、

Sp2080245Sp2080246


あっという間に、薪が集まりました。
いつもながら、ご近所さんに感謝です。

昨年は集めた薪を直接地面に積んでおいたため、
下のほうが腐ってしまいました。
そこで今年は台を作ってみました。

台の材料は、古いウッドデッキを解体してきたものを一部再利用することに。

Sp2160270


ウッドデッキの材としては腐っていて使えないのですが、
薪台としてなら、まだつかえます。

Sp2160274


奥行3.6m幅2.1m。こんな感じで出来上がりました。
ここに、もらってきた剪定木をどんどん積み上げていきます。

Sp2170277


下をコンクリートブロックで10センチほど浮かしてあるので、
腐らない。
8月ごろまでに、切ったり割ったりして、すこしずつ薪にしていくつもりです。

これは、来年、再来年分の薪になる予定です。


|

« 入笠山スノーシュー | トップページ | 気流止めは万能? »

南アルプスの日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入笠山スノーシュー | トップページ | 気流止めは万能? »