« 気流止めは万能? | トップページ | 三鷹のカフェ、2周年 »

2018年3月 7日 (水)

こんにゃく作り2018

恒例になりつつあるこんにゃく作り。
今年は我が家で行うことになりました。

指南役はこんにゃく先生こと、チームSのKさん。
P3040296_2


3キロのこんにゃく芋の皮をむいて、茹でやすいように小さく切ってあります。

こんにゃく芋は素手で触るとカブレるので、ゴム手袋をして作業します。

P3040302_2


柔らかくなるまで茹で、ミキサーにかけます。
適量の水を混ぜて、練り上げ、少し寝かします。

P3040298_3P3040309_2


炭酸ソーダを入れ、混ぜていきます。
芋、水、炭酸ソーダの量が、かなりシビアなようで
こんにゃく先生の過去のデータが頼りです。

P3040311_2P3040312_2


どろどろのこんにゃく芋を手で整形して、沸騰した湯でゆでます。

P3040314_2


1時間ほど茹でて、水を替え、さらに2回これを繰り返しました。
P3040317_2


今回は量が多いので、3つの釜がフル稼働。
P3040316_2


3キロのこんにゃく芋から約15キロのこんにゃくが出来上がりました。
丸1日かけて、カロリーゼロの食品をつくりました。

ゆであがったこんにゃくに、自家製肉みそを付けて食べてみました。
歯ごたえといい、舌触りといい、絶品(自画自賛!)。


過去最大量のこんにゃく作りを成功させた、こんにゃく先生。
「来年は4キロかなあ」とつぶやいていました。
こんにゃく先生ありがとう。
来年もよろしくお願いします。




|

« 気流止めは万能? | トップページ | 三鷹のカフェ、2周年 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気流止めは万能? | トップページ | 三鷹のカフェ、2周年 »