2014年6月 4日 (水)

川内原発再稼働やめろデモ

6月1日官邸・国会前大抗議に行ってきました。
一年ぶりです。
Srimg2672

まずは国会前交差点へ行ってみました。

Srimg2676


つぎは官邸前です。

以前行ったときは、官邸を見ることもできないほど
人が多く、国会議事堂前では立ち止まることもできませんでした。

人はずいぶん少なくなっていました。
とくに若い人が少なくなっているように感じました。

それでも相当数の人達が抗議の声を上げていました。

Srimg2679


自転車隊も健在。
20台ほどの自転車が抗議の意思表示をしながら
国会の周りをぐるぐると走っていました。

官邸前で一時間半ほどシュプレヒコールをしてから、
国会議事堂前に移りました。

Srimg2691


この先に国会議事堂があります。

今回は国会議事堂前の会場で
政治家や著名人、活動家などのスピーチが行われていました。

Srimg2689
城南信用金庫の理事長・吉原毅さん

僕が聞いたなかで納得したのは、
経済からみた原発はとっくに破たんしているのに、
国を挙げて粉飾決算をしているような状態だ、という話でした。

政治家のように理想を語るだけでもなく、
アーティストのように感覚だけで語るでもなく、
活動家たちのように感情的でもなく、
経済という冷静な目でみた意見を聴けたのがよかったです。



| | コメント (0)

2014年5月20日 (火)

スマイリング サンのステッカー

Rimg2638


原発反対のデモなどに参加すると、必ず見るこのお日様マーク。
なんだろう?と思っていたところ、
古いドイツの反核運動の白黒フィルムの中に写っているのを
見かけました。

ちょっと調べてみたところ、1972年から反核運動のシンボルマークとして
使われているもののようでした。

「各国の丁寧な言葉で核を拒否する」というのが
このマークのポリシーのようです。

缶バッチはデモの会場などで売っていたのでいくつか持っているのですが、
車に貼りたいと思ってステッカーを探しました。
そしたらオフィシャルなものはドイツから買うしかないようで、
インターネットで買ってみました。

5枚買って9ユーロでした。

思ったより早く、10日ほどで届きました。

最初はドイツ語か英語バージョンにしようと思ったのですが、
やっぱり日本なので日本語にしました。
ところがこの筆文字が微妙にカッコ悪い(日本人から見ると)。
ドイツ事情通(?)に聞いたところ、
ドイツ人はこの筆文字がとてもカッコよく感じるみたいです。

誰がこの筆文字を書いたのかわからないですが、
日本人からみるとバランスが微妙(笑)。

しかし、ドイツ人がこれが本当にかっこいいと思っていることを
想像すると、この微妙な感じも味わい深いと思い始めているところです。

| | コメント (1)

2012年8月 2日 (木)

2012年7月29日脱原発国会大包囲行ってきました。

早めに着いたので、とりあえず国会前に行ってみました。
Kokkai
早すぎたせいか、誰も居ず、静まり返る国会前。
ほんとに今日ここで行われるのだろうか?と不安になりました。

よく考えてみると、国会に来たのは、生まれて初めてでした。
そこで記念写真をぱちり。

Kokkai_2
しかし、市民の安全を守るためにおまわりさんたちが
せっせと鉄柵を設置していました。
あー、やっぱり今日でよかったんだ。

デモの集合場所になっている日比谷公園に行ってみることにしました。
Kokkaik Kokkai_3_3
すでに人が大勢集まり、集会が始まっていました。
この後、デモに出発。
Kokkai_4_2 Kokkai_5
東電本社前を通り、新橋の高架のそばを通り、
経済産業省の前を通り、デモは終了。

国会のほうへぶらぶらと行ってみました。
Kokkai_6
国会の周囲の路上に、人々が集まり始めました。
Kokkai_7
暗くなってきて、キャンドルやライトなどを手に持ち、
「再稼働反対 」を訴え始めました。

次の日の東京新聞によると、
今回のデモと大包囲は主催者側発表で20万人。
いつもは警察発表があるのですが、毎度あまりの数の違いに
「意図せぬ議論や混乱を生んでしまう」という理由で、
発表はされなかったそうです。
しかし、取材によると1万2500人という数字を明かしたそうです。

これからも、時間の許す限りこのような行動に参加したいと思っています。
(タカシ)

私たちの前にいた、家族連れの小さい男の子(3さいくらい?)が
「サイカドー、ハンタイ!」と連呼。
それにつられて、周りの大人たちもコールを始めました。
子供の声ってよく通るんですね。

包囲行動が8時に終わり、ぞろぞろと帰る途中、
大きな声で呼び止められました。
なんと代々木公園10万人集会でもばったり出会った、
知り合いの女性でした。運命の糸を感じました。(笑)
(あきこ)

| | コメント (0)

2012年7月19日 (木)

さようなら原発10万人大集会

7月16日、代々木公園で行われた集会のパレードに参加しました。
最寄駅は混雑すると思ったので、少し離れた渋谷駅から歩いて行きました。
代々木公園はたくさんの人で埋め尽くされていました。
いろいろなブースも出ていて、その中に原発についてのパブリックコメントを
書く場所がありました。
そこでコメントを書いて、ふと見ると「さようなら原発」のマークを
紙テープに印刷されたものを見つけました。
ちょうどプラカードとかを持ってこなかったので、
係りの人に少し分けてもらいました。

Danke Danke_2
腹こしらえをして、パレードに参加しました。
私たちは一般個人だったので、原宿コースを歩きました。
表参道の中ほどで、ふと横を見ると、見覚えのある人の顔。
江東区でゴミの問題に取り組んでいるGreenUpの人たちでした。
5月に原宿でおこなった「原子力発電所にモノモウス展」に来てくれたのですが、
ちょうど再会した場所が、ギャラリーの近くだったので、お互いにびっくり。
17万人の中で、出会うなんて、きっと運命なのでしょう。(笑)
その後、暑い中、特に混乱もなく3キロの道のりを歩きました。

最近うちのデジカメで動画を撮影できることに気がついたので、
今回は動画を撮りました。
パレードの熱気が伝わると思います。

| | コメント (0)

2012年7月 9日 (月)

7月6日官邸前抗議行ってみました。

3月頃から毎週金曜日になると、首相官邸前に集まって
大飯原発再稼働への抗議をしている人たちがいる、と聞きました。

再稼働決断の目前だった6月29日には、
これまでの最大の人数になったそうです。

報道ステーションによると、労組などのノボリは少なく、
会社帰りや主婦など、個人として参加している人が多いと言っていました。

次の週の金曜日、そちらの方面に用事があったのもあって、
行ってみました。

Keisansho1_2

経産省のある交差点の角に、抗議のテントがいくつか建っていました。
携帯電話のカメラなのですが、こんな感じです。

雨の降るなか、官邸方面に歩いて行きましたが、
どんどん人が増え、途中でストップ。
官邸も国会議事堂も見えない位置で、
たくさんの人たちと2時間あまり「再稼働反対」と言い続けました。

僕達の周りには、いわゆる「団体」は見当たらず、
1人で来た人、夫婦で来た人、家族で来た人、会社帰りの人がほとんどのようでした。
僕達の後ろでは、年配のご夫婦が
「私たちはツイッターとかは使えないけど、新聞を見て来てみたのよ」と教えてくれました。

小中高の学生さんも見かけました。

警察を挑発するような人も見かけず、
おまわりさんたちも威圧的な様子もありませんでした。

タカシ、アキコ


| | コメント (0)

2012年6月21日 (木)

東芝のお膝元でも・・・

6月17日、府中市で原発再稼働反対のデモがあると聞いたので、
行ってみました。

人数は120人ほどで、派手さもなく、あまり統制もとれていないように感じました。
しかし、参加者の「府中は保守的なんだよね」の言葉ではっと思い当りました。
府中は東芝の城下町のような町なんですよね。

Fucyudemo


Fucyudemo_2


大国魂神社の表参道にあたる、けやき通りをデモ行進しました。

| | コメント (0)

2012年6月11日 (月)

原発どうする?たまウォーク第4回

Kunitachiwalk


原発どうする?たまウォーク第4回目に参加しました。
大飯原発再稼働も決まり(?)、晴れだったにも関わらず、
1回目の参加者700人からどんどん減り、4回目は100人ほどだそうです。

どうする、どうなる?たまウォーク。

イトウ タカシ

| | コメント (0)

2012年4月 2日 (月)

エイプリルフール・デモンストレーションin くにたち

Demo


「第3回放射能はいらねえ!エイプリルフール仮装変身デモンストレーションinくにたち
〜ウソばっか言ってんじゃねえ!!〜」
に参加しました。

要するに原発反対のデモです。


国立の名物居酒屋のマスターB丸さんが言い出しっぺらしいです。
今回で3回目だそうです。

Demo_2


旗を持つ人が居なかったので、手伝いました。(真ん中が私です)
向かって左側がB丸さん。

近頃何事においても、総論賛成各論反対、何も決まらず、何も進まず
というのが、現状のようです。
いろいろな人がいろいろな考え方を持って、
それを素直に口に出せるということが、大事かなあと思いました。

今回は120人が参加したそうです。

(イトウタカシ)

近くを行進していた人の旗が可愛かったので、
「いいですね」と言ったら、くれました。
Hata

渋谷のデモのときに配られたもののようです。
携帯しやすく、思い立ったらすぐデモに参加できそう。

行進していた人の多くは結構長い距離を最後までマナーを守って歩いていましたが、
ほんの数人がビールを飲みながら、歩いてました。
飲んでる本人はとても気持ちよさそうでしたが、
私個人的には、できれば行進中の酒やタバコはやめて欲しいなあと思いました。

このデモは途中から誰でも参加してね、という主旨と聞きました。
でも、多分ですが、回りで見ていた家族連れ等は、あれを見たら一緒に歩きたくないと思いますよ〜。
私も酒くさいのとタバコ臭い中を歩きたくないなあ、と思いました。

(アキコ)

| | コメント (0)

2012年3月28日 (水)

小出裕章さん飯能講演会行ってきました。

Koide


2012年3月24日、埼玉の飯能市民会館で開かれた
小出さんの講演会に行ってきました。

小出さんという人は京都大学の原子炉実験所にいて、
原子力の専門家でありながら、40年以上反原発を訴えてきた人です。

何冊か、彼の本は読んだのですが、講演を聴いてみたいと思っていました。


Koide2

講演前の会場のようす。
1000人以上の人が来て、満員でした。

講演の中で、
-原子力発電所は将来性のない技術であること、
-経済性から見ても、これほどコストの高い発電方法はないこと、
-放射性物質というのは、ごくごく微量であっても生命と共存はできないこと
-原子力発電所が今すぐストップしても、ピーク時においても電力はまかなえること
を、科学者の言葉で、わかりやすく説明していました。

小出さんの話で感じたことは、
経済に悪影響があるとか、日常生活が不便になるとか、そういうことがあったとしても、
原子力(核)エネルギーだけは、使ってはいけないものだということでした。

小出さんの言葉になぜ真実味を感じたのか、それは彼が
科学者として、わかることはわかる、わからないことはわからないとはっきり言うところだと思います。

例えば、「1ミリシーベルト以下だと安全ですか?」という質問に対しては、
「放射能には、しきい値がないので、どんなに微量でも安全とは言えません」とはっきり言います。

「西のほうへ避難したほうがいいでしょうか?」という質問には、
「私は答えることができません。避難するということは、コミュニティーや家族の崩壊につながることですので、
個人個人で判断してください。」と言います。

「今後のエネルギー政策をどうしていったらいいでしょうか」という質問には、
「それは私は関わりたくないです。私は今ある原発を止めることで一杯いっぱいです。
今後どうすべきかは、皆さんひとりひとりが考えてください。」と言います。

誰しも信頼出来る人をカリスマのようにして、「正解」を求めたくなりますが、
その行為は、結局自分自身では考えない、ということになります。
このことが、無責任や傍観を生むように感じました。
小出さんの言葉は、私たちに「傍観」してはいけないということを訴えているように感じました。

小出さんの話の根底には、「今の日本は、エネルギーを使いすぎている」
という想いがあるように感じます。
再生可能なエネルギーを増やして、今と同じ快適な生活を続けるのではなく、
今よりも少ないエネルギーで幸せに暮らす方法を見つけることが大切だと感じました。

(タカシ&アキコ)


| | コメント (0)

2012年3月17日 (土)

たまウォークに行ってきました。

たまウォークというのは、正式には「原発どうする!たまウォーク」といいます。
平たく言うと、多摩地域の人による原発反対のデモです。
今回で3回目です。

Tamawalk


第1回は2011年6月参加者700人
第2回は2011年9月参加者400人
そして今回2012年3月参加者170人と言っていました。

この先、原発はどうなる、どうする、たまウォーク??

(タカシ)

| | コメント (0)