2018年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます。

Hagaki201820171230


今年もどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2017年3月13日 (月)

レトロなモノたち

国立にいたとき、看板を作らせてもらった「まんまるカフェ」さん。
ご自宅の古い納屋にあるものを処分することになったとのことで、
伺ってきました。

納屋にあった古い道具たちや、建具などをいただいてきました。

Sp3130060
桐ダンスの引き出し、茶箱
なぜか給食のアルミ容器、
驚いたことに、当時注文で作ってもらったという、新品の樽。
そして、「8時だよ、全員集合!」で使われていたような、アルミのタライ。

Sp3130061


古い建具や洗い張り用の板などなど。

それと、縁台。おばあ様によると、昔、若い衆が大勢いて、
仕事の合間にお茶を飲んだのだそう。
うちでも、そんな感じで使わせてもらえそうです。

リビングのリフォームに使わせてもらおうと、今からウキウキしてます。

ありがとうございました!


| | コメント (0)

2015年4月27日 (月)

カッティングボード使ってまーす。

先日カッティングボードを買っていただいた
世田谷区のNさんから写真が届きました。

Img_1030


ブルスケッタというものだそうです。
とても美味しそう!
白っぽいヒノキのカッティングボードに
濃紺のランチョンマットの組み合わせがいいですね。





| | コメント (0)

2014年12月26日 (金)

レインファームの看板

門に付けてあるレインファームの看板が
傷んできました。

11月に行ったイベントのため、急遽手直ししました。
Srimg2819


急いでいたため、仕事場にあった二色のペンキを塗り、
レインファームの文字を白く塗り直しました。

イベントも終わり、この看板を毎日見ていて
何か違和感を感じていたのですが・・・。

ある日その違和感の原因に気づきました。
川内原発の建屋のデザインとそっくりなんです。
毎日、川内原発の再稼働のことを考えていたわけでもないのに・・・。

そこで気づいたことは、原発という危険なものを
危険に見せない技術に、「デザイン」という仕事があるということでした。

Srimg2824


ということで、
さっそく作り直しました。

| | コメント (0)

2014年5月13日 (火)

ハンモック計画始動か

薪ストーブ計画から早5年。
冬の生活の一部としてすっかりなじんできました。

そこで夏の新たな計画が発表になりました。(どこで?)
題して「森のハンモック計画」です!

ハンモックの試乗ができるという世田谷にあるお店を訪ね、
乗ってみたところ、楽しくなって、ついその場で買ってしまいました。

その日のうちにギャラリー内に吊って、寝転んでみました。

P5130316


これは気持ちいい!
あまりの気持ちよさにずーっと寝転んでしまう危険があるために
チェア型に吊ろうと思い、木のパーツを作ってみました。

P5130315


椅子のように座る予定だったのですが、楽なポジションを探すうちに
巨大なナマケモノになってしまいました。

ハンモックというのはどう吊るしてみても、ごろごろしたくなるもののようです。

夏までには庭にある大きな白樫の木の下に吊るす場所を
作りたいと思っています。
今年の夏もエアコンなしで行けそうです。

このハンモックのお店は八ヶ岳店もあるそうですよ。
一度乗りに行ってみてはいかが?

| | コメント (0)

2013年8月22日 (木)

夏休み工作教室

友人のYさんの二人の子ども(小3と小6)が
恒例の夏休みの工作をしにきました。

1


写真にはたくさんの人が写っていますねー。
というのも、偶然遊びに来たいよという2家族が
同じ日に重なったんですね。

2


一番年長のYさんところのU君、ギャラリーに囲まれ
恥ずかしいような、うれしいような・・・。


3_2


大人5人、子供6人のお昼ご飯になりました。

4_2


完成しました!

左から「手動式扇風機」

「王様」(?)のお面

「トライアル自転車」(らしい)

三者三様の個性に、感心。

うちの周りは川あり、池あり、猫あり、虫あり
子供が喜ぶものがあまりにも多いので、
最後まで集中力が続くか心配でしたが、
年相応以上の集中力を発揮。
みんな完成させることが出来ました。

不思議に盛り上がった夏の一日でした。

| | コメント (0)

2013年7月14日 (日)

山椒の木

テーブルセットの注文をいただいた八ヶ岳在住のSさん宅に
打ち合わせに行ってきました。

梅雨明けして夏になった東京とは違い、
すがすがしい高原の空気でした。

Sさんちの周りには、たくさんの山椒の木が自生しています。
Sさんは朝早く起きて、手ごろな株を見つけておいてくれました。
その株がこれです。

Sansho 

鉢植えになった山椒の木と、家の前の用水路。

Sansho_2


ウチのハーブ畑の中に置いてみました。
しばらく鉢植えのまま育ててみたいと思います。

大葉とバジルとラベンダー、チェリーセージの中の山椒。



| | コメント (0)

2012年10月18日 (木)

ルイ・ヴィトンのバック

親戚が来る前に、整頓をしていたら、
大きな茶色の箱が出てきました。
私にとっては、とても大事なものが入っています。


20代のころ、「押しかけ女房」ならぬ、
「押しかけ丁稚」となった私は、千駄木の新築現場に通っていました。

現場は、わからないことだらけで、とにかく大工さんの作るものを
片っぱしから巻尺で測り、図面を書き起こし、
くっついて歩いては質問していました。

建物が完成して、施主さんに引き渡す当日、
施主の女性が、私に大きな箱に入ったものを差しだしました。
「建築家になるんだから、これくらいのものを持って歩きなさいよ」

開けてみると、ルイ・ヴィトンのビジネスバックでした。

施主さんが近所の人から、熱心な現場監督の女の子がいる、
と聞いたのだそうで、丁稚の私にこんなご褒美をくださったのでした。

もともとブランド物には全然頓着しない私でしたが、
施主さんの温かいお気持ちに、驚きと戸惑いと感謝で、
胸が一杯になったことを思いだします。


それ以来、このバックのおかげで、くじけそうな時(こんな私でもそんなことはあります!)でも、この仕事を続けてこれたのかな、と思います。

(あきこ)

| | コメント (0)

2012年6月 6日 (水)

メガネの修理

Megane


愛用のメガネが壊れました。
買ったお店に聞いたところ、
「この部分は直せませんから、フレームごと交換することになるので、
新しいものを買ったほうが安くつきますよ。」とのこと。

ここに小さなギャラリーを作った記念に、夫に買ってもらったものなので、
金額の問題でなくて、なんとかして修理できないかなあと、捜したところ、修理やさんを見つけました。

メガネといえば、鯖江。
修理屋さんは鯖江の田村さんという職人さんでした。

上の写真を送ったところ、いともアッサリと「パーツを抜いて入れ替えます」とのこと。
さすが、鯖江!

さっそくメガネを送り、数日後真新しくパーツを付け替えられた私のメガネが
戻ってきました。
結局、買い替えるよりもずいぶん安く、他の部分もきれいに磨かれ、
メガネケースまで付けてくれました。

これでまた、長く使うことができてうれしいです。

アキコ

| | コメント (0)

2012年4月 3日 (火)

21人の落語バカ

先月31日、根津の「第三回 あたらし寄席」に行きました。

社会人落語日本一決定戦に出場した、自称「落語バカ」の皆さんが
日本中から21人集まった寄席だそうです。

その中の「鹿鳴家傅右衛門(かなりや でんえもん)」さん(Nさん)は、
私の山登りの師匠として、かれこれ20年近くお付き合いのあるお豆腐屋さんです。

この傅右衛門という名前は、7代前のご先祖さまの名前を「襲名」したのだそうです。
数年前に落語を始めたころ、このご先祖様が、御武家さんから浅草の豆腐屋になるという
Nさんの創作(実話?)落語に、泣いたり笑ったりしました。

今回は古典「大工調べ」の一部でした。
見るたびに、技がさらに磨かれているような気がして、感嘆。

他の出場者の噺も、どれも聴きごたえがあって、時間を忘れて聴いてしまいました。

(アキコ)

| | コメント (0)